2013年11月13日

11月10日 市民まつり

空気がひんやりして、すっかり秋も深まったこの日、市民まつりへの参加と楽器作りを行いました。

西東京第2団では、毎年市民まつりで、材木とロープを組み合わせてモンキーブリッジ(つり橋)や一本橋を作り、アスレチックコーナーとして開放しています。
今年も、団委員や各隊リーダー、ベンチャースカウトが手作りした工作物ができあがりました。

スカウトたちは、このアスレチックが大好き。一般公開前にスカウト限定でたっぷり楽しみました。
モンキーブリッジは、地上から2メートル以上の高さにあるロープの橋を渡る、スリルいっぱいのもの。みな、真剣な面持ちで渡っていきました。


一本橋は滑りやすい丸太の上をバランスを取りながら進んでいきます。おっかなびっくりの小さな子の手を引いたり、励ましたりするスカウトの姿もありました。見守る大人もみんな笑顔です。


アスレチックで遊んだあとは、屋内に移動して、来月に予定している老人介護施設の慰問で使う楽器作りに取り組みました。

この日作ったのは、6月のJICA訪問の時に見つけたレインスティックという民族楽器です。

厚紙の管に竹串をらせん状に刺していき、小さなビーズを入れてふたをすればできあがり。簡単なつくりですが、傾けるとサラサラ鳴りました。マラカスのように振ってもおもしろいね。



最後は思い思いの色を塗ってできあがり。


各組でそれぞれ鳴らして披露しました。



このほか、ストローの笛も作ってみましたが、こちらは、うまく鳴るかまったく鳴らないかのどちらか。スカウト、リーダーともに苦戦が続出でした。

この日は、盛岡の団にいたスカウト一名が転入してきました。これから一緒に活動しようね。


今回のアスレチックコーナーも、資材の確保、運搬や、工作物の設営、撤去、当日の運営など、団委員をはじめとする指導者が総力を上げて成功につなげたものです。スカウトや子供たちが安全に楽しめるよう努力して頂いた皆様に感謝します。

次回は12月1日に慰問の準備をします。
posted by 西東京第2団カブ隊 at 00:21| 東京 ☀| 日記 | 更新情報をチェックする

2013年11月04日

11月4日 キルギスからの便り

カブ隊からキルギス共和国に贈った教科書のお礼状が届きました。

国際協力機構(JICA)では、ご家庭で使わなくなったものを、現地に派遣された日本人ボランティアを通じて海外で活用していただく「世界の笑顔のために」プログラムを進めています。

カブ隊では、このプログラムに参加し、今回は使い終えた習字の教科書をキルギス共和国に贈りました。
5月の一泊キャンプの時に集めて送った教科書が、9月に現地の学校に届いたとのことで、このたびお礼のメッセージが送られてきました。

みんなで書いた寄せ書きもしっかりと届きました。


このような取り組みが、スカウトの目が広く世界に向くきっかけになればと思います。
本プログラムへの参加に当たり、ご協力頂いたスカウト保護者の皆様に改めてお礼申し上げます。

posted by 西東京第2団カブ隊 at 08:26| 東京 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする

11月4日 山登り隊集会は雨のため中止です

春の山登りに続き、またまた雨で中止。残念!

次回は、11月10日に市民まつりに参加します。
posted by 西東京第2団カブ隊 at 06:55| 東京 ☁| 日記 | 更新情報をチェックする