2015年02月18日

2015年2月15日 パインウッドダービー北多摩地区大会

これまで三回にわたって取り組んできたパインウッドダービーカー作りの仕上げとして、この日は北多摩地区大会に参加しました。


この日は、活動に先立ち、新しい仲間を迎え入れました。


この日集まったのは、北多摩地区の7団から合計約70台。


スカウトたちが作り上げてきた車は、大きさや重さが規定通りに作られているかどうかの車検を受けます。中には飾りが少しはみ出して、修正を命じられる車も。でも最後にはすべて合格しました。


車検をパスしたら、愛車とはお別れ。後はきれいに並べられ、役員の手に委ねられます。


レースは公式コースの各レーンを三回走った平均タイムで競いました。みんなコースに沿って座り、スタートを待ちました。


みんなで「3,2,1,ゴー!」とかけ声をかけると、一斉に車が走りはじめました。
各車三秒余りでコースを駆け抜けるのを、夢中で追いかけます。自分の名前がコールされると、晴れがましい表情で返事をしていました。




試合の結果、うさぎ、しか、くまの各級で、われらが西東京第二団のスカウトが入賞を果たしました。また、工作部門、アイデア部門でもそれぞれ優良賞を頂きました。



パインウッドダービーに向けた活動は、昨年に続き二年目になります。車作りに当たっては、ご家族の積極的なサポートをお願いし、デザイン的にすばらしい出来映えの車を目にする楽しさがありました。
その一方、去年はずいぶん親が手伝ったけど、今年は全部自分で作ったとの声も伺いました。それはそれで、スカウトの着実な成長を感じるできごとでした。

今回も、保護者二名、デンコーチ一名に加えて、大会運営に当たり、団委員の支援を頂きました。ありがとうございます。

次回は、3月1日にチームスポーツをする予定です。
posted by 西東京第2団カブ隊 at 06:31| 東京 🌁| 日記 | 更新情報をチェックする

2015年02月09日

2015年2月8日 パインウッドダービーカー作り(3)

朝からどんよりと底冷えのするこの日、パインウッドダービーカー作りの仕上げとなる作業を行いました。

この日の作業は、計量チェック、車輪付けと試走です。
規定の重さギリギリになるようにおもりを調節して、グルーガンで固定しますが、既に家でしっかり合わせ込んできたスカウトも多数。意気込みが伝わってきました。

続いて車体に刻まれた溝に車軸となる釘とタイヤを差し込みます。車軸が歪むとスピードが出ないので、ここは慎重にね。
車輪のアライメントを調節したら、グラファイトの潤滑剤を塗ってもらいました。これもコツがあるようで、担当副長は指先を真っ黒にして塗ってくれました。


これで車は一通り完成。いよいよ試走に移ります。待っている間に自主練に励むスカウトも。


この日は、スカウトのお父さんが、職場関連で作った(!)コースを持ってきて下さりました。
このコースは木製なのですが、各パーツをつなげると継ぎ目のない滑らかなレーンができあがり、小揺るぎもしません。光センサーを使った計時システムまでつけることができ、日本の物作りの底力を垣間見た思いです。

まぁ、スカウトはそんなことはお構いなし。試走ができるので、一気にテンションが上がります。
今回は試走して、問題点を見つけるのが目的。ゴールで自分の車が走ってくるのを観察して、走りの様子を確かめます。


動画はこちら。


走った後、車輪の付け方や、おもりの位置についてさらに工夫を加えていました。
本選まであと一週間。最後のチューンアップを宿題にして、この日の集会を終えました。

今回も、デンコーチ二名、保護者一名にお手伝いを頂きました。ありがとうございます。

次は、2月15日に、いよいよ北多摩地区の本選です。
posted by 西東京第2団カブ隊 at 21:35| 東京 ☀| 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。