2006年04月17日

4月16日 追跡ハイク

ハイキングは、雨も風も暑さも寒さにも負けないよう、あなたを強くしてくれます。この鍛錬が身についていれば、どんな困難にも、ほほえみをもって立ち向かい、最後には、それに打ち勝てることがわかっているので、どんなことがやってきても、あなたは平気である。』 -ベーデン・パウエル-

なんと不思議な事でしょう!ハイキングを前に始まりのセレモニーでお話したベーデンパウエルの言葉にある色々な天候を、今日1日の中に経験することになりました。(風は穏やかで守られましたが…。)
深代植物公園自由広場までのハイキング(約9km)では、組長と次長を中心にみんなで地図を見ながら元気に完歩しました。一部分の区域では、コマ地図で目印を見つけて歩くことの面白さを味わえたかな?
みんなで歩こう組の到着を隊長に報告!


目的地の林では、小雨がパラつく中、クマスカウトの作った追跡サインを読みながら、組ごと木々を縫ってゴールを目指し、広場では、時折のぞく青空の下、大縄飛びや一対一の綱引きで元気に遊びました。

追跡サインはどこだ

次回5月のカブラリーでは、今日覚えた「野原で手をたたけ」を元気よく歌いましょう!
posted by 西東京第2団カブ隊 at 15:23| 隊長より | 更新情報をチェックする