2015年05月25日

2015年5月24日 羽田クロノゲート訪問

前日までの雨の予報に気をもんでいましたが、うまく晴れてくれたこの日、「羽田クロノゲート」を訪問しました。
ここは、大手の宅配会社が運営する流通の一大ハブ。団体での見学は半年待ちという大人気スポットです。


この日は活動に先立ち、新入スカウト一名の宣誓を行いました。わが隊の新制服第一号のスカウトでもあります。これからよろしくね。


集合場所からは、一時間以上かけて電車を三線乗り継ぐ旅になります。とはいえ長旅は先日の陣馬山登山でも経験済み。以前に比べれば車内マナーも格段に向上してきました。
あるスカウトは、途中で乗ってきたおばあさんを発見するとさっと席を譲り、喜んでいただきました。とってもスマート。

ただ目的地まで往復するだけではつまらないので、途中駅からコマ地図を使った市内ミニハイクをしました。3 km弱の道のりでしたが、小さな町工場も点在する蒲田近辺の街並みを楽しみました。
一年で一番日差しが強いこの時期。汗ばむくらいの天気の中を元気に歩きました。


独自に遊具経由ルートを開発する組も。


コマ地図にある「文」マークの施設の名前を調べるのがミニハイクのミッション。「糀谷」って何て読むんだろう?


ゴールの公園でお昼休み。涼しい木陰を探してカブ弁を頂きました。


いよいよ目的地の羽田クロノゲートに到着。斜めのガラスに映った自分の姿が気になる~。


すてきなお姉さんにお出迎え頂き、近未来的なエントランスを入っていくのですが、残念ながら内部は写真撮影禁止。ここからは文章だけでのご説明でご容赦を。


中では、巨大なベルトコンベアが24時間働き続け、送られてくる荷物を次々と目的地ごとにさばいていきます。
それぞれの荷物はベルトコンベアのセルと呼ばれる板に一つずつ乗って運ばれるのですが、荷物が合流するところでは、空いたセルを選んでお行儀よく荷物が乗っていきます。
どんどん流れてくる荷物が整然と仕分けられていく様子にスカウトたちは大興奮でした。お姉さんの説明を一言も聞き漏らさないように一生懸命メモを取る姿もありました。

この施設では、荷さばきばかりでなく、全国の病院から医療器具を回収し、きれいに洗って再び配送する仕事や、メーカーに代わって家電製品を修理する仕事もしているそうです。
物流のネットワークを活かして、より広いお仕事をしていることを学んだスカウトたちでした。
最後におみやげを頂いて帰路につきました。

帰りの電車の中では、フィリピンから観光旅行中の方々に記念写真を求められる場面があり、スカウトもちょっと緊張気味。制服のスカウトは外国人観光客に大人気です。

小さな旅を終えて帰ってくるともう5時半。今日の隊長賞は、ミニハイクを一番速く、まとまりもよく歩ききった組と、電車内でお年寄りに席を譲ったスカウトに授与されました。おつかれさま。

次回は6月7日に、一泊キャンプ準備のための合同組集会の予定です。
posted by 西東京第2団カブ隊 at 03:10| 東京 ☀| 日記 | 更新情報をチェックする